雪の日の運転は嫌だ

運転時のトラブルやハプニングはわりとあります。その中でも最も印象に残っているのは雪にうまってしまったことですね。

あまり雪が降らない地域に住んでいますので、雪が降ったらどう運転していいのかわからないんですよね(-ω-;)

とりあえずチェーンは履きます。簡易的なチェーンですが、一応履くのです。しかし車は埋まるんですよね。

滑りはしなかったのですが、埋まりました。自分の家の駐車場で。

詳細を言いますと、雪がつもっているところにバックで駐車して、そして除雪のためにもいつもよりも後ろに車を置いておこうと思ったんですよね。それでいつもよりも後ろにバック駐車してたらタイヤがスタックしてしまったんです。新雪にタイヤが埋まって動けなくなってしまったのですね。

「ああ、そういえば。雪国出身の旦那のお父さんが新雪にはタイヤを入れるなと言っていたなー」とその時思い出しましたけれど、埋まってしまった後ではもう後の祭りでしょう。

アクセルをいくら踏もうとちっとも車が前進しなくて、むっちゃくちゃ焦りましたよ。そしてなおかつ後ろにも進みませんから。まあ当たり前ですよね、タイヤが埋まってしまっているのですから。

それで子供が使っているスコップやらバケツやらを駆使してなんとかタイヤを掘り出しました。雪というか雪でぬかるんだ土に埋まっていた感じでしたから。私があまりにもタイヤをぐるぐる回すので、さらに深く掘り下げてしまったようでなおのこと抜けなくなってしまっていたのですよね。

子供の習い事の送迎時間が迫っていましたし、今思い出しても焦ってしまった体験です。JAFを呼ぼうかどうか真剣に考えました。もう体験したくない運転時のハプニングですね。